無在庫物販で人生『超』効率化

継続に能力は不要!仕組みをつくって無理なく続けよう

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。たくろーです。

先日DMでこんな相談をもらいました。

『無在庫物販を始めたいのですが、自分はめんどくさがりで飽きっぽく、
いつも何かを頑張ろうと思っても稼げるようになる前にい辞めてしまいます。

どうすれば継続力は身につきますか?』

継続は力なり
というように、続けさえすれば
できるようになることは世の中にたくさんありますよね。

続ける。客観的に見れば単純で簡単そうなことなのに、

勉強でもビジネスでも、
ほとんどの人は続けることができずに辞めていきます。

物販も100人同時に始めたら
1年後には5人くらいしか残ってないものです。

要は周りが自然と脱落するので、続けていれば相対的に勝ててしまいます。

つまり継続力を制する者は
ビジネスを制するといっても過言ではありません。

今回は無在庫物販をすでに3年間継続し、
センス0収益0から毎月 月利70万までたどり着いた僕が、

継続力を高める方法とそのステップについて解説していこうと思います。

そもそも、どうして続けられないの?

結果には必ず原因があるので、
あなたが活動を継続できず脱落するのも理由があるわけです。

意外と多くの人が、
この「なんで?」を考えておらず、
その結果見事に脱落していきます。

活動が続けられない理由としては、

①目標がない

②成果が出ず心が折れる

③意識的に習慣にできてない

④自分の気持ち次第でさぼれる環境になってしまってる

だいたいはざっくりとこの4つです。

そして結論から言うと、全ては④が悪いんです。

継続力は意志とか能力じゃない

大前提として、
継続力は個人の能力とか決意ではなく、

継続力
=無理なく目標に向かって活動を続けられる仕組みを作る力 なんですね。

かの元マッキンゼーのマーケター大前研一氏の有名な話ですが、

『人が変わりたいと思ったとき、
 最も無駄なのは決意を新たにすること』と言われています。

人の意志は弱いし、
9割の人は2か月間でさえ意志を保ち続けることはできません。

重要なのは、
能力・記憶・モチベーションに左右されず、
何が起きても続けざるを得ない環境・仕組みを構築することです。

継続力を高める3ステップ

①自分自身の特性を理解する

継続できないといっても人によってパターンがあります。

・自分は今までどんな時に継続できず辞めてしまったのか
・それは何が原因か

まずここをしっかりノート等に書き出し、
言語化しましょう。

例)
イレギュラーな予定が入った次の日から辞めてしまう
だんだんめんどくさくなってモチベーションが下がる
言い訳して後回し→どんどん頻度が減る など

②自分の特性に合わせて、
 能力・記憶・モチベーションに左右されず
 続けてしまう仕組みを作る

例)
イレギュラーな予定が入った次の日は友人や家族に背中を押してもらう
毎日ご飯の後 など、活動のスイッチを設定する
毎日20時までに提出しないと罰金払う、など第3者を交えたルール設定をする など

③①②を駆使して『3週間』継続する

人間3週間継続できたことは習慣となり、
生活リズムに組み込まれるといわれている。

特に第3者を入れてルールを作ると
縛りが非常に強力になるので、
モチベーションに左右されやすい人は必ずこの工程をいれること!

コンサル生の中にはこの第3者は僕にされている方もいます。

コンサルを受けてない方でも、
もし希望があれば言ってくださいね。

公式LINEやtwitterを活用して
3週間、あなたの習慣化をお手伝いします。

継続力は意志や能力ではなく、
天地がひっくり返っても続けてしまう
仕組・環境作りだという話でした。

それでは。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© | TAKU:LOG | , 2021 All Rights Reserved.