初心者は絶対に国内無在庫物販から始めたほうが良い理由 | TAKULOG

無在庫物販で人生『超』効率化

初心者は絶対に国内無在庫物販から始めたほうが良い理由

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。たくろーです(@takurooosan)。

『物販で稼げるようになりたくて色々調べたけど、
結局何があって何が一番いいのかわからないです。』

賢い人ほど色々情報を取った結果何が良いかわからず
せっかくやる気はあるのに動き出せないという状況をよく目にします。

ということで今回は、
初心者×物販』 という観点で、ベストな選択肢は何なのか?
について話していこうと思います。

どんな物販があるの??

実際のところ物販には

・有在庫or無在庫
・店舗or電脳
・国内or海外(さらにはどこの国、輸出・輸入)
・新品or中古orジャンク
・詳細のカテゴリ・ジャンル

など組み合わせが無数にあるため、
細かく話すと記事が100ページあっても足りません。笑

専門的なカテゴリ・ジャンルやコンディションの話はおいておくとして、
初心者向けには超ざっくりこんな風に分けることができます。

  物販の種類(超ざっくり)  

〇国内有在庫(店舗せどり、電脳せどり など)

〇国内無在庫

=========

〇有在庫輸入

〇有在庫輸出

=========

〇無在庫輸入

〇無在庫輸出

で、どれがいいのかというと、

実際どれもしっかり取り組めば稼げてしまいます。

物販ビジネス自体が再現性の高い『作業ビジネス』なので
やり方さえ間違えなければ結果は出るようになっているからです。

では、なぜ物販に取り組んでいるにもかかわらず
稼げない人が一定数出てきてしまうのでしょうか?

成否のボトルネックは『初心者の特性』を理解しているかどうか

どの物販に取り組んでも
しっかり実践できれば結果は出せるという話ですが、

そうはいっても実際のところ全員が全員結果を出せているわけではなく、
挑戦したものの挫折をする人も多いというのが冷たい現実です。

✓やっぱりビジネスの才能がないと結果が出せないんだ。。。
✓1日20時間とか全力で頑張れる人でないとダメなんだ。。

こう考えてしまう人もいると思いますが、
これは実は大きな間違いです。

初心者がビジネスで結果を出すために最も重要なことは、

『初心者の特性』を理解し、
踏まえたうえでビジネスを選ぶことだと僕は考えています。

多くの初心者がこの特性を理解・考慮せずに
「えいや!」でビジネスを選んでしまい、

結果、頑張っているのに成果を出せず挫折してしまうんですね。

ものすごく簡単に言うと、
『しっかり実践すれば稼げるけれど、初心者にはハードルが高い手法』
に取り組んでしまい、うまくいかず挫折するということです。

僕が考える『初心者の特性』とはこんな感じです。

①物販の知識がない
例何をどこでどうやって仕入れてどう売ればいいの?ジャンルやカテゴリは?

②リスクを取りたくない
例)売れなかったらどうしよう、赤字になったらどうしよう、不良在庫怖い

③お金がない
例)仕入れに使えるお金が数万円

④すぐ心が折れる
労力とお金ばかりかかって売れない、仕入れる商品見つけれない

こうやって並べると文句ばかりなように感じますが、
実際この辺は初心者だとどうしても気になるところですよね。

このあたりの特性を理解せずにビジネスを選んでしまうと

▼知識がない+学び方もわからないので最初の一歩すら踏み出せない
▼取り組む前からリスクを怖がりすぎて動けない
▼ほしい金額を得るだけの仕入れができない、お金がいつまでも増えない
▼壁に当たるとすぐに心が折れて辞めてしまう
▼頑張っても成果が出ない→続けられない→挫折

こんな事態に陥ってしまうというわけです。

せっかく一念発起してビジネスに
挑戦したのに挫折してしまうだけでなく、

最悪の場合、
『自分はビジネスで稼ぐなんて無理だ』といったように

失敗した経験がトラウマとなり、
本当はただ選ぶビジネスを間違えただけなのに、

自分自身の今後の未来の可能性も
全て自分で閉ざしてしまう、なんて悲劇にハマってしまうリスクも。。。

ビジネス未経験の初心者が不要な挫折トラウマを経ることなく

しっかり最初から成果を出して
成功体験の上昇ループに乗るためには、

『初心者の特性』をしっかり理解し、
それを考慮したうえでもしっかり結果を出せるビジネスを『選ぶこと』

これが最も重要だということが分かっていただけたかと思います。

初心者に『国内無在庫物販』が絶対的におすすめな4つの理由

これら『初心者の特性』のハードルを全て飛び越えるのが
僕の最も得意とする国内無在庫物販です。

国内無在庫物販とは、簡単に説明すると

「在庫をもたずに商品を販売(国内)し、
注文が入ったら仕入れ・発送(国内)をおこなう」
というビジネスモデルです。

国内無在庫物販の4つの特徴

①商品を販売しながら 物販を学べる
知識がなくてもまず出品し、売れた商品を深堀することで商品を売りながら知識を身につけられる

②売れてから仕入れるので初期資金不要
お客様の購入代金で商品を仕入れるので仕入れ資金がなくてもOK。

③在庫持たないので売れなくても赤字や不良在庫にならない
出品だけで無在庫なので赤字や不良在庫のリスクが非常に低い。

④ほぼすべての作業がパソコン1台で完結
パソコン1台で出品・受注・仕入れが完了するので、少ない労力×完全在宅で作業できる

在庫をもたずに商品を
販売できるというメリットのおかげで

初心者の特性上、
挫折につながりやすいマイナスポイントが
仕組みでほとんどカバーされているんですね。

さらには国内販売なので
輸入や輸出に比べて
コミュニケーションや輸送の問題がないのも
ハードルが低くておすすめな点です。

多くの種類がある物販ビジネスですが、
初心者がまず最初に取り掛かるべきは、

『国内無在庫物販』一択だと僕は考えています。

是非悩んでいる方は、
まずは『国内無在庫物販』から取り掛かりましょう!

=============

より詳細な無在庫物販の仕組みや流れについては

現在僕の公式LINEで無料プレゼントしている
『無在庫物販の教科書』に記載しています。

興味のある方はぜひ↓の公式LINEから受け取ってください。

ID検索の場合:@950evnlu
(@マークを忘れずに)

登録はもちろん無料ですし、
発信内容が気に入らなかったら
即刻ブロックしてもらって結構です。

プレゼントももちろんありますが、
気軽にメッセージを送ってもらって大丈夫です。

あなたが気になることや、あなたの話を教えてください。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© TAKULOG , 2021 All Rights Reserved.